産経ニュース

【主張】かかりつけ薬局 「患者本位」といえるのか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【主張】
かかりつけ薬局 「患者本位」といえるのか

 これが本当に患者に役立つ制度だろうか。

 厚生労働省が全国の薬局の役割を強化し、患者個々の服薬情報を一元管理する「かかりつけ薬局」として普及させようとしていることだ。年内策定の「薬局ビジョン」の目玉である。

 高齢化に伴い複数の診療科を掛け持ちする患者が増えた。それぞれの医療機関から出される薬で飲みきれない量を抱え、飲み合わせの悪さから体調を崩す例が後を絶たない。

 だから、複数の医療機関の処方箋を一手に扱うかかりつけ薬局が患者ごとに薬の種類や数量を管理する。これで副作用などの健康被害を防ごうというのである。

 改革の理念はわかる。だが、普及を促すため、調剤報酬を加算するというのは合点がいかない。本来、服薬管理は薬剤師にとって当たり前の仕事ではないのか。

 調剤報酬を手厚くすれば、窓口での患者負担は増え、税金を投じる医療費も膨らむ。薬局の経営を優先し過ぎではあるまいか。

 厚労省は、かかりつけ薬局が服薬管理を徹底すれば、飲み残しや飲み忘れによる医療費の無駄が減らせると説明してきたはずだ。かえって医療費が増えることになれば、本末転倒である。

「ライフ」のランキング