産経ニュース

【ワインのこころ】ポルトガルの多種多様なエスプマンテに注目! 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
ポルトガルの多種多様なエスプマンテに注目! 青木冨美子

バイラーダ地方の2種類のエスプマンテ(ポルトガル産スパークリングワイン)。黒ブドウのバガ種100%のブラン・ド・ノワール(青木冨美子さん撮影)

 シャンパン好きなので、海外取材の時には、できるだけ、現地の泡チェックをしています。

 ポルトガルでは到着当日、ウエルカムドリンクとして、バイラーダ地方の2種類のエスプマンテ(ポルトガル産スパークリングワイン)=写真=と対面しました。長時間のフライトで疲れ気味の胃を癒やしてくれたのは黒ブドウのバガ種100%のブラン・ド・ノワールでした。

 1週間の滞在で、10種類の泡体験をしましたが、これらとシャンパンや他国のスパークリングワインとの違いは使用ブドウ品種です。シャンパンならシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエ。ポルトガルの隣国スペインのカバならマカベオ、チャレッロ、パレリャーダの3品種をつかんでおけば、全体のイメージは把握できますが、ポルトガルは違いました。長い歴史に裏打ちされた各地方固有の品種が主体なので、初めて聞く名前も多く、味わうまでは、未知との遭遇の気分でした。

 ワインズ・オブ・ポルトガルでは、「ポルトガルのネイティブ品種は、まさに国宝である」と表現しています。

「ライフ」のランキング