産経ニュース

【こうのとり】世界唯一、失敗ゼロの物資補給機 今回も日本の力示す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【こうのとり】
世界唯一、失敗ゼロの物資補給機 今回も日本の力示す

【H2Bロケット5号機打ち上げ】物資補給機「こうのとり」5号機を搭載して打ち上げられたH2Bロケット5号機=19日午後8時50分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター(沢野貴信撮影) 【H2Bロケット5号機打ち上げ】物資補給機「こうのとり」5号機を搭載して打ち上げられたH2Bロケット5号機=19日午後8時50分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター(沢野貴信撮影)

 こうのとりは今後も年1回程度の頻度で打ち上げ、10号機以降は改良してコストを削減する見込みだ。ただISSは費用対効果が見えにくいとの批判も根強く、平成33年以降の延長計画に日本が参加するかは決まっていない。日本は世界に対し、明確な展望を早期に示す必要がある。(草下健夫)

 ■物資補給機「こうのとり」 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した国際宇宙ステーション(ISS)への無人物資輸送船。全長約10メートル、直径約4・4メートルの円筒形。輸送能力は約6トン、打ち上げ時の最大重量は約16・5トン。H2Bロケットで打ち上げる。荷物室の一部は気圧と気温が保たれ、飛行士が普段着で入れる。水や食料、実験装置などを輸送後、不用品を積んでISSから切り離し、大気圏に再突入させて廃棄する。平成21年に初打ち上げ。開発費は約680億円。

このニュースの写真

  • 世界唯一、失敗ゼロの物資補給機 今回も日本の力示す
  • 世界唯一、失敗ゼロの物資補給機 今回も日本の力示す
  • 世界唯一、失敗ゼロの物資補給機 今回も日本の力示す

「ライフ」のランキング