産経ニュース

【日本の議論】ラブホ面談、パンストせがみ 相次ぐ教職員のセクハラ処分 不可解な弁明も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本の議論】
ラブホ面談、パンストせがみ 相次ぐ教職員のセクハラ処分 不可解な弁明も

 セクハラやわいせつな事件を起こし、懲戒処分となる教職員が後を絶たない。東京都では昨年度、校長ら31人が懲戒処分となった。教育実習生にパンストを売ってくれと迫ったり、保護者とラブホテルで面談したり。男子児童の陰部をまさぐるなど“アブノーマル”な行為も少なくない。子供を預けるのが、不安になってしまうようなケースもあるが、“同僚”の支援を受けて裁判所で争い、職場復帰してくる例もある。本当に日本の教育はこれでいいのだろうか。

「処分重すぎる」「一方的だ」

 「女子生徒は家庭環境が複雑で支えようと思った。助けるためだった」。教え子にわいせつなメールを送り、懲戒免職になった30代の男性教諭は今年1月、東京都新宿区の都庁内で記者会見し、そう弁明した。会見には「支援をしてきた」という同僚の教諭も複数同席し、「まじめで熱心な先生だ」「潔白だ」と口々に語り、東京都教育委員会の処分は「重すぎる」「一方的だ」などと非難を続けた。

 男性教諭は平成23年、担任をしていた当時高校2年の女子生徒1人に「付き合ってほしい」「抱くのに場所なんて関係ない」などの不適切なメール845通を送信したなどとして、昨年7月に懲戒免職になった。

「ライフ」のランキング