産経ニュース

「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉

インタビューに答える星出彰彦・宇宙飛行士=15日午後、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター(沢野貴信撮影)

 打ち上げが迫ってきた日本の物資補給機「こうのとり」5号機は、種子島宇宙センター(鹿児島県)を出発してから5日後、国際宇宙ステーション(ISS)で油井亀美也(ゆい・きみや)さん(45)がロボットアームを使って捕捉する。“日の丸宇宙船”を日本人がキャッチするのは初めて。先輩飛行士の星出彰彦さん(46)は同センターで産経新聞の取材に応じ、「パイロット出身の油井さんは高い技術力を持ち、安心感がある」と期待を寄せた。

 こうのとりはISS到着の翌日、ドッキングする。油井さんが捕捉する際、米国の管制室では若田光一さん(52)が交信役を務める。星出さんは「オールジャパンの取り組みは、日本の宇宙活動の大きなマイルストーン(一里塚)になる」と話す。

 初飛行で大役を担う油井さんについて、2度の飛行経験を持つ星出さんは「技術力と、物事をきちんとこなす性格が強み。地上の管制員とも非常によい関係を築いており、全く心配していない」と太鼓判を押す。

 補給機の捕捉は、失敗すれば機体の破壊につながるため、緊張を強いられる任務だ。星出さんは「私が米国の補給機を捕捉した際は、息を止めてやった感じだった。でも油井さんは(航空自衛隊の)テストパイロット出身で、そういう経験は豊富だろう」と話す。

このニュースの写真

  • 「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉
  • 「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉
  • 「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉
  • 「高い技術力、安心感がある」 星出飛行士、油井さんにエール こうのとり捕捉

「ライフ」のランキング