産経ニュース

【編集者のおすすめ】『天皇皇后両陛下 慰霊と祈りの御製と御歌』 歩みを振り返る手引書に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
『天皇皇后両陛下 慰霊と祈りの御製と御歌』 歩みを振り返る手引書に

『天皇皇后両陛下慰霊と祈りの御製(ぎょせい)と御歌(みうた)』割田剛雄、小林隆著(海竜社・1800円+税)

 とうとう日本は、戦後70年の節目の年を迎えました。1945年、日本が敗戦を喫してから、はや70年の歳月が流れたのです。

 この70年の間、天皇皇后両陛下はさまざまな地へ行幸啓され、慰霊をしてこられました。本書はその両陛下の「慰霊と祈り」の歩みを両陛下が詠まれた御製(ぎょせい)と御歌(みうた)を題材にまとめたものです。

 本書は3部構成になっており、第1部で「慰霊と祈り」を主題に、天皇皇后両陛下の慰霊の御製と御歌を「沖縄慰霊」「硫黄島慰霊」「サイパン島慰霊」などで区分けし、紹介しています。歌への解釈は最小限に、詠まれた背景や状況を示すことで「戦後」を考えるヒントをちりばめています。

 続く第2部では、明治、大正、昭和の歴代天皇皇后両陛下の「慰霊と祈り」の御製と御歌を紹介し、第3部では、これまでの日本の「慰霊と祈り」のかたちの解明に取り組んでいます。

 天皇皇后両陛下の「慰霊と祈り」にまつわるコラムを豊富に収録しているのも、本書の特徴です。「御製と御歌の違い」「開戦から沖縄戦までの軌跡」「今上陛下御製の字余りの秘密」「硫黄島での天皇皇后両陛下の拝礼」「戦後五十年のお言葉」など。

「ライフ」のランキング