産経ニュース

四股を踏んで足腰強化 「相撲健康体操」の効果大

ライフ ライフ

記事詳細

更新


四股を踏んで足腰強化 「相撲健康体操」の効果大

力士の動きをまね、相撲健康体操に取り組む参加者たち。女性の姿も目立った=東京都墨田区

 今年で8回目の開催となる。参加者の中には、毎年通う常連の89歳の女性や小学生、外国人観光客、相撲に熱中する「スージョ」の姿も。甲山親方は「老若男女、誰でも気軽に取り組めるのが魅力の一つ」とアピールする。

 相撲健康体操は、四股やすり足など相撲の基本動作を一般向けにアレンジしたもの。健康増進に役立ててもらおうと日本相撲協会が平成17年に考案。イベントの開催のほか、DVDを販売するなどして普及活動に取り組んでいる。なじみのある相撲の動きを利用した親しみやすさと、畳1畳分のスペースでも取り組める気軽さが人気で、愛好者は年々増加しているという。

 体操の種類は全部で12型。このうち9型は膝を曲げて腰を落とす姿勢を取ることから始まる。甲山親方は「背筋を伸ばし、姿勢が前のめりにならないようにすることが大事」とアドバイスする。

 初心者でも取り組みやすいのが「四股の型」=左図。まず、足を肩幅以上に広げて、つま先をハの字形に外側に向け、腰を膝の高さまでゆっくりと落とす。背筋は伸ばしたまま、左足に体重を移して軸足にし、左膝を伸ばしながら右足を上げる。左膝が伸びたら右足を上げるのをやめ、ゆっくり元の位置に戻す。左右を入れ替え、10回繰り返す。ポイントは、軸足をなるべく伸ばすこと。

このニュースの写真

  • 四股を踏んで足腰強化 「相撲健康体操」の効果大

「ライフ」のランキング