産経ニュース

プールでの日焼け止め禁止に疑問 水質汚染に影響なし、肌守る効果優先を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


プールでの日焼け止め禁止に疑問 水質汚染に影響なし、肌守る効果優先を

日焼け止めによる水質汚染を理由に使用を禁じているプールもある(写真と本文は関係ありません)

 学校のプールや自治体が運営する屋外プールで、日焼け止めの使用を禁止しているところがある。「水の汚染」が主な理由だが、紫外線は皮膚がんの最大のリスク。日本臨床皮膚科医会は「健康な肌を保つために使用を認めるべきだ」と訴えている。(平沢裕子)

禁止は14%

 「娘が通う公立中学は日焼け止めもラッシュガード(紫外線防御などを目的にした肌を覆う衣類)も禁止。プールのたびに肌が真っ赤になってかわいそう」。学校で水泳の授業が始まった7月、プールで日焼け止めが禁止されていることに複数の保護者がネット上で疑問を投げかけた。

 日本小児皮膚科学会などが平成18年、全国の小学校を対象に実施したアンケートでは、回答した1147校中、水泳の授業で日焼け止めの使用を禁止していたのは14%。明確に決めていない学校が53%に上った。禁止の学校に理由を聞いたところ、9割が「プールの水の汚染」を挙げた。

「ライフ」のランキング