産経ニュース

コウノトリ、千葉で放鳥 東日本初

ライフ ライフ

記事詳細

更新


コウノトリ、千葉で放鳥 東日本初

ネットが外された飼育舎=23日、千葉県野田市(江田隆一撮影)

 コウノトリの野生復帰に向けた東日本で初めてとなる放鳥が23日、千葉県野田市三ツ堀の飼育施設「こうのとりの里」で行われた。

 同市では、利根川に近い関東平野の低地部でかつて水田の上を飛び交ったコウノトリを復活させようと、平成24年12月、東京都日野市の多摩動物公園からつがいを譲り受けた。繁殖に取り組む兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園などの協力で飼育を続けている。

 放鳥されたのは、3月にこのつがいから誕生した雄1羽、雌2羽の幼鳥3羽。放鳥式には青柳正規文化庁長官らが参加し、午前11時半に飼育舎の屋根ネットが開けられた。

 同市によると、国内では昭和46年に野生のコウノトリが絶滅した。

このニュースの写真

  • コウノトリ、千葉で放鳥 東日本初

「ライフ」のランキング