産経ニュース

【暮らしのマナー】「弔事返礼」は…地域の風習により異なる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【暮らしのマナー】
「弔事返礼」は…地域の風習により異なる

 Q 「会葬御礼」「当日返し」とは何ですか。

 A 「会葬御礼」とは、通夜葬儀に来ていただいた会葬者の方に、感謝の印として品物(500~1500円相当)に「御会葬御礼」の挨拶状を添えてお渡しすることです。「当日返し」とは、通夜葬儀当日にお礼の気持ちを込めて直接お返しの品物を渡すことです。いただいた金額に関係なく同じ品物にします。

 Q お返しの予算と好適品は。

 A 現金・供物・生花などのいただいた金額の3分の1から2分の1程度が目安です。残らないものがよいとされているので、食べて無くなる食料品や、タオルなどの消耗品がよいでしょう。

 Q お返しの表書きとタイミングは。

 A 仏式の場合は「志」「満中陰志」(主に関西地方)で四十九日の忌明け後に、神式の場合は「偲草」「志」で五十日祭後に、キリスト教式の場合は「感謝」「志」で追悼ミサや記念式後に届くようにします。忌中期間は返礼を控える時期であることと、無事に忌明けが済んだ報告の意味で、忌明け後にお送りします。

「ライフ」のランキング