産経ニュース

過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

ソユーズ宇宙船の最終試験に臨む油井亀美也さん=2015年5月7日、ロシア・ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(NASA・JAXA・ビル・インガルス氏提供)

 先輩飛行士の星出(ほしで)彰彦さん(46)は「今までの飛行士とは違い、培ったものがある」と高い技量への評価を惜しまない。

 チームをまとめる能力も傑出している。テストパイロット課程の訓練生同士で機体の性能を調べる方法を話し合うと、自然と油井さんの意見でまとまったという。同期の谷冨(たにとみ)誠一郎さん(45)は「教官から厳しい質問が飛んで答えに困ると、みんな油井に期待して彼の顔を見た」と話す。

 仲間の意見を聞き、課題を整理して前向きな気持ちで物事を進める油井さんの持ち味は、約5カ月間の宇宙滞在中も役立つはずだ。

 飛行士候補の選抜に関わった筑波大の松崎一葉(いちよう)教授(宇宙航空精神医学)は「飛行士は物の見方が柔軟で、新しいことに挑戦し成長できる“伸びしろ”が大切。油井さんの評価は非常に高かった」と振り返る。

 その言葉通り、油井さんはこの3年間でロシア語が驚くほど上達した。「苦痛だったが、楽しくやろうと発想を変えた。ロシアの映画や音楽を楽しみながら勉強した」と打ち明ける。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)幹部の間では、若田光一さん(51)に続くISS船長に推す声が上がる。月周回飛行を目指す米国宇宙船の搭乗者にふさわしいとの見方も出るなど、初飛行前から異例の評価が相次ぐ油井さん。持ち前の資質でその実力を世界に示してくれそうだ。(草下健夫)

このニュースの写真

  • 過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ
  • 過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

「ライフ」のランキング