産経ニュース

過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

ソユーズ宇宙船の最終試験に臨む油井亀美也さん=2015年5月7日、ロシア・ガガーリン宇宙飛行士訓練センター(NASA・JAXA・ビル・インガルス氏提供)

 宇宙飛行士の油井亀美也(ゆい・きみや)さん(45)が23日、ロシアのソユーズ宇宙船に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)へ向け出発する。日本人初のパイロット出身で、航空自衛隊で磨いた技術やチームワークへの評価は非常に高い。日本の飛行士の新たな時代を担うエースとしての期待が集まる。

 油井さんは平成21年に宇宙飛行士候補に選ばれ、今回が初飛行。自衛隊時代から卓越した能力で注目されていた逸材だ。

 テストパイロットだった約10年前、乗り慣れたF15戦闘機ではなく、F2の操縦訓練をしていたときに機体が突然、制御不能になる緊急事態が発生した。パニックに陥ることが多いが、油井さんは全く動じず、後部席にいた教官の指示を受けることもなく機体を回復させた。

 指導した空自飛行実験群司令の柴谷敏文さん(53)は「冷静な判断は教育してすぐできるものではない。大した人だと強く印象に残っている」と話す。

 こうした経験は油井さんの大きな強みだ。ソユーズをISSに手動でドッキングさせる訓練も難なくこなした。新人飛行士にとって試練となる過酷な重力加速度に耐える訓練も「こんなものかと思った」というほど、あっさり乗り越えた。

このニュースの写真

  • 過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ
  • 過酷な訓練あっさり乗り越え、チームのまとめ役…“異例の高評価”空自出身の油井飛行士、23日に打ち上げ

「ライフ」のランキング