産経ニュース

【比べる×調べる】(100)制汗剤 タイプで異なる特徴

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【比べる×調べる】
(100)制汗剤 タイプで異なる特徴

 気温も上昇し、少し動くだけで汗ばむ季節。発汗の多い夏はわきの汗が気になる人も多いのではないでしょうか。汗を抑える制汗剤も最近はさまざまなタイプを見かけます。同じメーカーの女性向け制汗剤でタイプが違う4種類の「耐水性」と「白残り」について調べました。用意したのは(1)クリーム(2)スティック(3)ロールオン(容器の先端のボールが回転して塗布できる)(4)スプレー-の4種類です。

 耐水性は、濾紙(ろし)に塗って水を通すかどうかで判断しました。実験は、円形の濾紙に各制汗剤を塗布し一定時間乾燥させた後、青色の水を含ませたスポンジの上にのせて荷重をかけ、写真を撮影しました。濾紙に青色が付いているものほど水を通したこととなり、水や汗に弱いと見なしました。

 ほとんど色が付かず、最も耐水性が高かったのは(1)のクリーム。(2)と(3)は少し色が付きましたが、目立つ感じではありません。一方、(4)のスプレーは広範囲に色が付きました。

 白残りは、肌模型に白く残るかどうかで判断しました。実験は、円形の肌模型に各制汗剤を同量塗布し一定時間乾燥した後、表面を観察しました。白残りが目立たない順に、(3)、(1)、(2)、(4)で、(3)のロールオンは全く白残りがありませんでした。白残りが目立つものは、ノースリーブなど肩からわきを露出する服装のときや、衣服への色移りに注意が必要です。

「ライフ」のランキング