産経ニュース

音楽評論家の相倉久人氏が死去

ライフ ライフ

記事詳細

更新


音楽評論家の相倉久人氏が死去

今年2月、山下洋輔さんの自叙伝「ドファララ門」刊行記念のトークショーに出演した(左から)相倉久人さん、山下洋輔さん、菊地成孔さん=東京都千代田区(撮影・中井誠)

 相倉久人氏(あいくら・ひさと=音楽評論家)8日、胃がんのため死去、83歳。葬儀は近親者で行う。喪主は妻、厚子(あつこ)さん。

 東大在学中からジャズ評論を執筆、渡辺貞夫さん、山下洋輔さんら多くのジャズミュージシャンと親交を結ぶ。その後、ロック評論などにも活動の場を広げた。主な著書に「機械じかけの玉手箱」「相倉久人の“ジャズは死んだか”」など。7日に自選集「されどスウィング」を出版したばかりだった。

「ライフ」のランキング