産経ニュース

【広角レンズ】専門誌「G2」休刊 岐路に立つノンフィクション

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
専門誌「G2」休刊 岐路に立つノンフィクション

最終号となった「G2」19号(右)とそれ以前の号。米誌「ニューヨーカー」をイメージし、表紙から文字を消した

 ■ネットとの相性に課題…読者との接点を模索

 緻密な取材で事実を深く掘り下げ、社会に問題意識や新たな知見をもたらしてきたノンフィクションが岐路を迎えている。この分野でほぼ唯一の専門誌「G2」(講談社)が5月刊行の第19号を最後に休刊した。インターネットの普及によってメディア環境が変化し、情報との付き合い方が変わりつつある現在、ノンフィクションはどうあるべきか。関係者に聞いた。(戸谷真美)

                   

 「厳しい状況のなかでも、僕らには『良いものを作れば届くだろう』という思いがどこかにあった」。最終号となった「G2」19号で編集人を務めた青木肇さんはこう振り返る。同誌は平成20年に休刊した総合誌「月刊現代」の後継誌として21年に創刊。大御所の立花隆さんや佐野真一さんらはもちろん、若手の古市憲寿さんらも積極的に起用した。だが最近の発行部数は約6千部、実売は3千部程度に落ち込んでいた。

 ノンフィクションの主な発表媒体であり書き手を育成する場でもあった総合月刊誌は「論座」(朝日新聞社)、「諸君!」(文芸春秋)なども20、21年に相次いで休刊。綿密な取材に基づく優れた作品を世に送り出すには時間もコストもかかるが、こうした雑誌が姿を消すなか、近年のノンフィクション賞受賞者は、組織力のある新聞社やテレビ局の記者が目立っている。

このニュースの写真

  • 専門誌「G2」休刊 岐路に立つノンフィクション

「ライフ」のランキング