産経ニュース

広がる書店ポイントカード 特典拡充、電子書籍も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


広がる書店ポイントカード 特典拡充、電子書籍も

書店で利用できる主なポイントカード

 書店で書籍や雑誌などを買うときに提示するとポイントがたまる書店ポイントカード。コンビニエンスストアなどで使える「Tポイント」「ポンタ」といった共通ポイントカードと違い利用できる店舗が限られるものの、読書好きなら使う機会の多いカードだ。最近は特定の商品を買うとポイントが上乗せされるなど、特典が拡充されてきた。(寺田理恵)

 ◆端数の支払いに

 通勤時間に本や雑誌をよく読むという千葉県松戸市の男性会社員(59)は、書店のポイントをこまめにためて使っている。「勤務先近くの書店のほかインターネットで電子書籍を購入してもポイントが付く。ポイントごとに有効期限があるので、少したまると代金の端数を払うのに使っている」。ただ、自宅近くの別の書店では使えず、「図書カードのように、どこの書店でも使えると便利なのに」と不満もある。

 書店のポイントサービスは、ここ10年で広がった。大手書店では入会金や会費は無料で、レジでカードを提示すると100円(税別)につき1ポイント(1円相当)たまるのが一般的だ。インターネット上で個人情報の登録を求めるところもある。

「ライフ」のランキング