産経ニュース

【世界遺産登録】「施設」展示の文言、日韓の火種に? 「強制徴用」めぐる表記、今後の焦点

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界遺産登録】
「施設」展示の文言、日韓の火種に? 「強制徴用」めぐる表記、今後の焦点

「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決定し、笑顔を見せる佐藤地・ユネスコ政府代表部大使(前列中央)ら=5日、ドイツ・ボン(共同)

 ドイツで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で5日、世界文化遺産への登録が決定した「明治日本の産業革命遺産」。審議の場で、日本政府は、韓国側が主張する一部施設での朝鮮半島出身者の「強制徴用」をめぐり、犠牲を記憶するための施設を設ける考えを表明した。具体的な展示の文言が今後の焦点となるが、表現次第では韓国側が再び強硬姿勢を打ち出してくる可能性もあり、くすぶった火種を抱えたままの門出となりそうだ。

 韓国側は、産業革命遺産を構成する官営八幡製鉄所(北九州市)など7施設で、戦時中の昭和19~20年の間に朝鮮半島出身者に対する「強制徴用が行われた」と主張。韓国側が固執する強制性の表現が日韓の交渉難航の原因となった。

 議場では、日本政府代表側は焦点になった歴史的な事実関係について、「自らの意思に反して連れてこられ、厳しい条件で労働を強いられた」と表現した。

このニュースの写真

  • 「施設」展示の文言、日韓の火種に? 「強制徴用」めぐる表記、今後の焦点
  • 「施設」展示の文言、日韓の火種に? 「強制徴用」めぐる表記、今後の焦点
  • 「施設」展示の文言、日韓の火種に? 「強制徴用」めぐる表記、今後の焦点

「ライフ」のランキング