産経ニュース

【児童書】『アフリカの民話 しんぞうとひげ』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【児童書】
『アフリカの民話 しんぞうとひげ』

「アフリカの民話 しんぞうとひげ」

たくましく生きるコツ

 「むかしむかし、あるところに、しんぞうと ひげが おりました」。「しんぞうとひげ」は、そんな衝撃的な一文で始まる絵本だ。心臓とひげを主人公にした物語は世界でも珍しいのではないだろうか。ハートに目や口、手足がついた「しんぞう」のインパクトに、思わず引き込まれる。

 アフリカ東部タンザニアのザンジバルに伝わる民話を、現地の現代アート手法「ティンガティンガ」の絵で紹介する。貧しいため21日間なにも食べられず、今にも死にそうな「しんぞう」と「ひげ」がばったり出会い、ひげはしんぞうを食べようと襲いかかる。逃げたしんぞうは人間に助けを求めるが-。ページをめくるたびにキリマンジャロや表情豊かな動物たちが登場し、異国の香りを運ぶ。

 「飢え」をテーマにしていながら、ユーモラスな絵のおかげで暗い雰囲気はない。「おなかが へった」と苦悶(くもん)する様子さえコミカルだ。アフリカの人々から食事への感謝や、たくましく生きるコツを教わることができる。(しまおかゆみこ再話、モハメッド・チャリンダ絵/ポプラ社・1400円+税)

 池田美緒

「ライフ」のランキング