産経ニュース

「かわいい結婚」山内マリコさん 女性が抱える鬱屈、掘り下げて

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「かわいい結婚」山内マリコさん 女性が抱える鬱屈、掘り下げて

「結婚ヘの憧れ、猜疑、和解といったステップを経てやっとスタートに立てた」と話す山内マリコさん

 地方在住女性の“リアル”を描いたデビュー単行本『ここは退屈迎えに来て』で注目を集めた作家、山内マリコさん(34)。最新小説集『かわいい結婚』(講談社)では、結婚をめぐる男と女のギャップを痛快にえぐり出した。

 結婚して仕事をやめ、専業主婦になった29歳の女性。夫は大好きだけれど、家事は大キライ、こんな生活が一生続くのだろうか-? 表題作「かわいい結婚」をはじめ、27歳の独身男子が突然ナイスバディーの女子になってしまう「悪夢じゃなかった?」など3編を収録。いずれもコミカルな筆致ながら、誰もが抱える鬱屈を突く快作だ。

 「女性は必ず結婚というテーマにぶち当たりますよね。私も適齢期以降ずっと『結婚ってなんだろう?』と考えてきました。慣例化した結婚の矛盾や謎を率直に書こうと思った」

 自身の結婚への思いがわき上がってきたのは20代半ばから。「結婚相手を見つけなきゃという焦りが一時期本当にすごくて。せっかく確立したはずのアイデンティティーを揺るがすほどの強い欲求で、自分のことながら手に負えない。でも同時に、結婚すれば幸せとは思っていなくて、むしろ警戒してました。結婚観は年齢によってコロコロ変わる」。そんな過程を経て、長年同居していた恋人と昨年11月に結婚した。

「ライフ」のランキング