産経ニュース

新大学入試文科省素案…「CBT方式50万人」前例なく 課題はシステムの安定性 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


新大学入試文科省素案…「CBT方式50万人」前例なく 課題はシステムの安定性 

 文部科学省が18日に公表した「大学入学希望者学力評価テスト」の素案には、コンピューターを使って出題や解答を行う「CBT方式」の導入が盛り込まれた。新テストは大学入試センター試験の後継として50万人規模の受験生が対象となるが、これほどの規模でCBT方式を実施した前例はない。膨大なパソコン機器の整備や、トラブルを防ぐシステムの信頼性の確保などが課題として浮上している。

 CBT方式の導入は記述式問題の採用と表裏一体の関係だ。記述式は思考の跡をたどることができ、暗記中心から「思考力」重視へ転換する大学入試改革の根幹だが、採点には膨大な手間と時間が必要となる。

 文科省はコンピューターの十分な活用により、採点にかかる作業時間を大幅に短縮することができるとみており、記述式仕様の技術開発を課題としている。

 一方、膨大なパソコン機器の整備や受験会場の確保も課題だ。文科省幹部は「英語など民間資格試験にCBT方式の導入の前例はあるが、50万人規模の一斉受験を対象にした場合、どこでどうやって受験させるのか。仕組みづくりは簡単ではない」と指摘する。

「ライフ」のランキング