産経ニュース

「アートで見る南総里見八犬伝」展 お江戸のメディアミックス

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「アートで見る南総里見八犬伝」展 お江戸のメディアミックス

歌川国芳「八犬伝之内芳流閣」服部仁氏蔵(天保11年)

 江戸時代後期、戯作者の滝沢馬琴が著した長編伝奇小説『南総里見八犬伝』。この物語を題材にした浮世絵などを集めた企画展「アートで見る南総里見八犬伝」が、千葉県富津市の金谷美術館で開かれている。

 『八犬伝』は、文化11(1814)年から28年にわたって全106冊が刊行。室町後期の関東を舞台に、不思議な縁で結ばれた8人の若者(八犬士)が安房(現・千葉県南部)の領主、里見家の再興のために集う大スペクタクルで、当時絶大な人気を博した。

 金谷美術館の鈴木裕士代表理事は「開館5周年に際し、当地ゆかりであり、刊行開始から200年の節目を迎えた『八犬伝』の企画展をぜひ開きたかった」と経緯を説明する。著者の馬琴の手稿から始まり、現代美術家の宮崎勇次郎さんがこの企画展のために描き下ろした新作絵画「鯰(なまず)と八犬士」まで、『八犬伝』に関連する新旧の作品177点を展示している。

 うち100点以上を占めるのが江戸から明治にかけて描かれた浮世絵。『八犬伝』にはいくつもの名場面があるが、今回の展示では各シーンごとに分けて浮世絵を配置しており、同じ場面を描いても、絵師によって表現が全く違うさまがよく伝わってくる。

このニュースの写真

  • 「アートで見る南総里見八犬伝」展 お江戸のメディアミックス

「ライフ」のランキング