産経ニュース

【美の扉】「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力

「快復期」1888年 フィンランド国立アテネウム美術館 Ateneum Art Museum,Finnish National Gallery/Hannu Aaltonen

 フィンランドを代表する画家、ヘレン・シャルフベック。と言っても日本ではほとんど知られていない。

 同時代の北欧の画家には、あのムンクがいる。19世紀末から20世紀前半、人生における数々の逆境をバネに、己の表現の可能性を押し広げてきた女性画家という。初期から晩年までの代表作でたどる日本初の回顧展が、東京芸術大学大学美術館(東京・上野公園)で開かれている。

 シャルフベックは3歳のとき階段から落ちて左の腰骨を折り、生涯杖(つえ)を放せない体となる。小学校に通えない彼女の元に派遣された家庭教師によって絵の才能を見いだされ、11歳でフィンランド芸術協会の素描学校に入学を許された。18歳頃に描いた「雪の中の負傷兵」が同協会買い上げとなり、奨学金を得て憧れのパリへ。黒田清輝も学んだ画塾などで基礎教育を受けると同時に、画家仲間と最先端の美術動向に刺激を受けた。またフィレンツェをはじめ欧州各地を旅して古典絵画を模写するなど、さまざまな様式、技法を吸収している。

 出世作となったのが1888年、英南西部のセント・アイヴスで描いた「快復期(かいふくき)」。翌89年のパリ万博で銅メダルを獲得し、フィンランドでは国宝級の名画として知られるという。「光をまとう粗い筆触は印象派風。画面の切り取り方にはジャポニスムの影響がうかがえる」と本展企画者の佐藤直樹・東京芸大准教授。

このニュースの写真

  • 「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力
  • 「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力
  • 「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力
  • 「ヘレン・シャルフベック-魂のまなざし」 北欧の画家の知られざる魅力

「ライフ」のランキング