産経ニュース

両陛下、戦没船員をご慰霊 戦後70年の慰霊の旅の一環

ライフ ライフ

記事詳細

更新


両陛下、戦没船員をご慰霊 戦後70年の慰霊の旅の一環

「戦没船員の碑」で供花される天皇、皇后両陛下=10日午後、神奈川県横須賀市の観音崎公園(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は10日、神奈川県横須賀市の観音崎公園で開かれた「第45回戦没・殉職船員追悼式」に臨席された。戦後70年の「慰霊の旅」の一環で、先の大戦で海上輸送中に米軍の爆撃で犠牲になるなどした民間の船員ら約6万3千人をまつる「戦没船員の碑」に供花された。

 安倍晋三首相らの追悼の辞が読み上げられた後、両陛下が碑文石の前に進み、献花台に白菊の花束を手向けて拝礼された。遺族らも続けて献花した。

 追悼式を主催した日本殉職船員顕彰会によると、先の大戦で日本軍に徴用され、武器輸送や洋上監視などの任務中に被害を受けた商船や漁船などは2千隻超。約6万600人が犠牲になり、うち約3割が未成年だったとされる。

 戦没船員の碑には、戦後の海難事故などで死亡した船員約2900人もまつられている。

 両陛下は皇太子同妃時代の昭和46年に行われた第1回の追悼式にご臨席。第30回(平成12年)、第40回(22年)の節目の式典のほか、葉山御用邸(同県葉山町)での静養の際などに度々立ち寄り、供花されている。

 両陛下は追悼式後、葉山御用邸に向かい、14日まで静養される予定。

このニュースの写真

  • 両陛下、戦没船員をご慰霊 戦後70年の慰霊の旅の一環

「ライフ」のランキング