産経ニュース

【ワインのこころ】日本画と音楽とシャンパンが融合した「Joie de Vivre」 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
日本画と音楽とシャンパンが融合した「Joie de Vivre」 青木冨美子

芸術一家の千住3兄弟。(左から)日本画家の長男・博氏、音楽家の次男・明氏、ヴァイオリニストの長女・真理子氏=2015年6月1日(青木冨美子さん撮影)

 シャンパンの世界への出荷量は3億713万本。数量では英国、米国、独国、日本ですが、金額でみると日本は堂々の第3位。高額なシャンパンを好む傾向にあります。加えて、昨年は日本市場初の1000万本超えとなり、勢いは増しています。

 約5000のシャンパンメーカーすべてが会員になっている仏シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(CIVC)はセミ・パブリックの法的団体で、日本を含む世界14カ国に外国事務所を設けて活動しています。ここでの重要行事のひとつは『Champagne Joie de Vivre(生きるよろこび)』で、これは国を超えて、“シャンパーニュの精神”である生きるよろこびを分かち合い、それにつながる活動や作品をたたえ、そのシンボルとなる人材を選考する賞です。

 今年は芸術一家の千住3兄弟が受賞しました。長男・博氏は日本画家、次男・明氏は音楽家、長女・真理子氏はヴァイオリニストとして国内外から高い評価を受けています。

「ライフ」のランキング