産経ニュース

「Save the Okura」 オークラ本館建て替え、海外から惜しむ声 「西洋と東洋の完全な調和」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「Save the Okura」 オークラ本館建て替え、海外から惜しむ声 「西洋と東洋の完全な調和」

日本の伝統美をモダンに表現したメーンロビー。古代からの切子玉形を連ねた「オークラ・ランターン」が映える 

 日本のモダニズム建築の代表格、ホテルオークラ東京本館(東京都港区)の建て替え計画に対し、海外著名人らから惜しむ声がわき上がっている。8月末の閉館と解体が迫るなか、「Save the Okura(オークラを守れ)」の訴えはやまない。(黒沢綾子)

 「将来後悔しないように今、行動を起こしましょう」-。イタリアの高級ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」のクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーさん(58)は公式ホームページやSNS(交流サイト)などで世界にこう呼びかけている。

 オークラ本館は東京五輪(昭和39年)の2年前、創業者の大倉喜七郎が掲げた「世界からの客人を『日本の伝統美』でもてなす」を理念とし、建築家の谷口吉郎を筆頭に当時の建築デザイン、美術工芸の第一人者を集めて完成。その象徴がメーンロビーだ。「オークラ・ランターン」の名で親しまれる切子玉を重ねたような灯具、梅花のように配された漆の円卓と椅子、「麻の葉紋」の木組み格子…。モダンデザインに和の意匠や素材を取り入れた空間に、マイヤーさんは「西洋と東洋の完全な調和」をみると評価する。

このニュースの写真

  • 「Save the Okura」 オークラ本館建て替え、海外から惜しむ声 「西洋と東洋の完全な調和」

「ライフ」のランキング