産経ニュース

こだわりのひき肉でハンバーグ 塊肉で購入や牛豚を好みで

ライフ ライフ

記事詳細

更新


こだわりのひき肉でハンバーグ 塊肉で購入や牛豚を好みで

ひき肉を使った代表的な料理、ハンバーグ。合いびき肉の場合は、牛と豚の割合でも味に違いが出る (ベターホーム協会提供)

 5月放送のバラエティー番組で、女性タレント(43)がスーパーでひき肉の産地を教えてもらえず、店員にクレームをつけたエピソードを披露し、ネット上で賛否を呼んだ。女性は料理の腕に自信がなく、いい材料を使ってハンバーグを作ろうと思い、産地を尋ねたという。しかし、肉の味は産地で異なるわけではない。専門家は、材料にこだわりたい場合は、好みの塊肉をひいてもらったり、牛と豚それぞれのひき肉を好みの割合で混ぜ合わせたりする方法を勧めている。 (平沢裕子)

 ◆選択の目安に

 女性は「おいしい肉のイメージがある『九州の黒豚』や『黒毛和牛』を使ったひき肉を買いたかった」。ところが、ひき肉のパックに「国産」としか表示がなく、スーパーの裏に入って「産地を教えて」と尋ねたところ、店員から「ひき肉はいろんな県をまたいでいるから産地を特定できない」といわれたという。

 牛肉は、BSE(牛海綿状脳症)問題の対策として制定された「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」により個体識別が行われ、肉に表示することが義務付けられている。識別番号のみが表示されたものは、スーパーの担当者に聞けば、どこで育った牛なのか教えてくれることになっている。ただ、ひき肉は例外だ。

このニュースの写真

  • こだわりのひき肉でハンバーグ 塊肉で購入や牛豚を好みで

「ライフ」のランキング