産経ニュース

【科学】世界最大の魚・ジンベエザメ、3000キロの旅…黒潮沿いの回遊を初実証

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
世界最大の魚・ジンベエザメ、3000キロの旅…黒潮沿いの回遊を初実証

 だが、詳しい研究は少なく、生息数や生態は分かっていない。卵を体内で幼魚に育ててから産む卵胎生であることも、1995年に台湾で捕獲された雌の体内から幼魚約300匹が見つかったことで、ようやく判明した。

 これまでに分かっていることは、フィリピン近海で体長約60センチの幼魚がよく見つかる▽日本近海に現れるのは6~9月が中心で、体長4~6メートルの仔魚が多い▽東太平洋の米フロリダ沖やメキシコ沖に成魚が集まる海域がある-など、ごくわずかだ。

 これらの状況から、フィリピン近海に産卵場があり、黒潮に乗って成長しながら日本近海に到達し、太平洋を横断して北米大陸の沖合で成魚になる-というシナリオも考えられるが、真相は不明だ。

 減少を食い止めるには生態の把握が欠かせない。チームは今夏、複数の個体で半年から1年程度の長期調査を行い、秋以降の回遊経路の解明を目指す。伊東さんは「経路の全貌を突き止め、保護に生かしたい」と話している。

「ライフ」のランキング