産経ニュース

【科学】世界最大の魚・ジンベエザメ、3000キロの旅…黒潮沿いの回遊を初実証

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
世界最大の魚・ジンベエザメ、3000キロの旅…黒潮沿いの回遊を初実証

豊富なプランクトン求め北上か

 全長10メートルを超える世界最大の魚「ジンベエザメ」。ユーモラスな姿は水族館でも人気だが、その生態はよく分かっていない。最近の調査で、日本近海で太平洋の黒潮沿いを回遊することが初めて実証され、謎の一端が見えてきた。(伊藤壽一郎)

漁師の情報裏付け

 ジンベエザメの回遊を調査したのは、民間の水族館「海遊館」(大阪市)と北海道大の研究チーム。高知県土佐清水市沖で昨年6月、雌(体長6.5メートル)の背びれにデータ送信機をつけて放流した。

 データ送信機は水温や水深、明るさが記録され、3カ月後に自動的に切り離され海面に浮上。通信衛星を経由してデータを地上に回収した。

 北大が解析したところ、暖流の黒潮に沿って北上し、約2カ月後に宮城県石巻市沖に到達。反転して西に向きを変え、9月下旬には福島県いわき市沖に着いていた。回遊距離は約3千キロに及ぶ。

 チームは2013年10月にも別の雌(体長4.5メートル)を放流し調査。この個体も黒潮沿いに北上し、1カ月で約1400キロを回遊していた。

「ライフ」のランキング