産経ニュース

動脈硬化学会声明 「コレステロール値、食事で変わらない」 生活習慣全般の改善を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


動脈硬化学会声明 「コレステロール値、食事で変わらない」 生活習慣全般の改善を

すしネタではイカやエビ、イクラのコレステロールが高く、気にする人も多かった すしネタではイカやエビ、イクラのコレステロールが高く、気にする人も多かった

 日本脂質栄養学会の小林哲幸理事長は「食事のコレステロールを気にする必要はないが、脂質の量と質には気をつけてほしい。脂質の中でも現代人に不足しがちな必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸などをバランス良く取ることが大事。それには魚や野菜を使った伝統的な和食がお勧め」と話している。

                   

 ■動脈硬化性疾患、男女で発症リスクに差

 日本動脈硬化学会は、LDL(悪玉)コレステロール値が高い人は従来通り摂取制限が推奨されるとするが、高い人とはどの程度をいうのか。同学会は140以上を「高LDLコレステロール血症」と定義する。しかし、日本脂質栄養学会は「LDLが高い方がむしろ長生き」とするなど論争が続いている。

 こうした状況の中、NPO法人「臨床研究適正評価教育機構」(理事長=桑島巌・東京都健康長寿医療センター顧問)は、これまでに報告されている科学的根拠を中立的な立場から考察し、見解を出している。

 それによると、動脈硬化性疾患は男女で発症リスクに差があり、LDLコレステロール値については、男女別の基準値を示して啓発する必要があるとする。また、発症リスクはコレステロール値のみでなく、高血圧、糖尿病、喫煙など他の危険因子やこれまでの既往歴も考慮した総合的な管理が重要としている。

「ライフ」のランキング