産経ニュース

【美の扉】「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち

速水御舟「洛北修学院村」1918年 滋賀県立近代美術館(前期展示)

 大正から昭和初期に活躍した日本画家、速水御舟(1894~1935年)の周りにはきらめく才能が集まり競い合っていた。御舟とその周辺にいた画家たちを紹介する展覧会が、東京の世田谷美術館で開かれている。

 蛾が炎の中を舞う幻想的な「炎舞」や椿の古木を題材にした「名樹散椿」など日本美術史に輝く傑作を残し、天才と呼ばれた御舟。細密描写や装飾的な表現で、花鳥画や婦人像の優れた作品を制作した。本展では代表作の一つに数えられている群青が印象的な「洛北修学院村」や緊張感のある線で女性を描いた「女二題 其一・其二」が展示され、改めて御舟の画格の高さを感じることができる。

 御舟は14歳で、歴史画の大家だった松本楓湖(ふうこ)(1840~1923年)の安雅堂画塾に入門した。くしくも同日に入門したのが、終生のライバルといわれた小茂田(おもだ)青樹(せいじゅ)(1891~1933年)だった。御舟が「炎舞」を描けば、青樹も灯に集まる昆虫などを細密描写した代表作「虫魚画巻」を世に出した。御舟が猫を描けば青樹も描いたように、同じ題材をしばしば制作した。「2人は常に刺激し合って優れた作品を残した」と本展を担当した同美術館の石井幸彦主席学芸員は語る。

このニュースの写真

  • 「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち
  • 「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち
  • 「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち
  • 「速水御舟とその周辺」世田谷美術館 孤高の天才に集う俊英たち

「ライフ」のランキング