産経ニュース

「老人」から「シニア」へ 名称変えてイメチェン図る地域組織

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「老人」から「シニア」へ 名称変えてイメチェン図る地域組織

オカリナの練習をする「絹一・シニアズ」のメンバー。練習後の語らいも楽しみだ =東京都八王子市

                   

 ■介護予防の役割も

 高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるため、国は地域団体や住民参加による支え合いの体制「地域包括ケア」の整備を進めている。

 介護保険で「要支援」に認定されている高齢者への介護予防サービスの一部は、平成27年度から3年間の移行期間を経て、市町村ごとの「介護予防・日常生活支援総合事業」として実施される。同事業で想定される住民主体の交流の場の設置や体操教室の開催などは、老人クラブの活動と重なる部分も多い。

 このため、老人クラブの全国組織、全国老人クラブ連合会(東京都千代田区)は4月、「介護予防・生活支援の活動を、地域の関係機関とともに協働しよう」などと呼びかけた。

 来年3月から同事業を開始する予定の八王子市福祉部高齢者いきいき課の元木博課長は「シニアクラブの活動が介護予防につながることを期待している」と話している。

                   

「ライフ」のランキング