産経ニュース

LGBT就活サイトがオープン

ライフ ライフ

記事詳細

更新


LGBT就活サイトがオープン

「きょうの人」用 トランスジェンダーでNPO法人リビット代表の薬師実芳さん =東京・千代田区 (大西正純撮影)

 性的少数者(LGBT)の学生を対象にした就職活動情報サイト「LGBT就活」(http://www.lgbtcareer.org/)がオープンし、社会で活躍するLGBTのインタビューやLGBTに配慮した取り組みを行う企業を紹介している。

 同サイトを運営しているのは、LGBTの若者を支援するNPO法人、リビット(東京都武蔵野市)だ。電通の調査によると、LGBTは日本の人口の7・6%存在するとされるが、同NPO代表の薬師実芳さんは「周囲の理解が進まないため、カミングアウト(告白)して働くLGBTが少なく、学生は働くイメージを持ちづらいという課題がある」と指摘する。

 同サイトでは、LGBTの社会人のインタビューを掲載。就活中の悩みや職場でのカミングアウトについての考え方などを紹介している。

 一方、企業側の取り組みとしては人事担当者らの声を紹介。社内の差別禁止規定やLGBTへの理解度など外部からは分かりづらい情報を掲載している。

 薬師さん自身は、生まれたときの性別に違和感を持つトランスジェンダー。女性として生まれたが心の性別は男性だ。自身の就活については、「男性として働くことにこだわりすぎて、本当にやりたいことが分からなくなっていた」。一度は広告代理店に就職したが退社。その後、同NPOを立ち上げた。

 薬師さんは「働くことは生きることと密接に関わる。ありのままのセクシュアリティーで生きられる社会を目指したい」と話している。

「ライフ」のランキング