産経ニュース

基準の2400倍の放射性物質検出 福島第1原発2号機 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


基準の2400倍の放射性物質検出 福島第1原発2号機 

 東京電力は15日、福島第1原発2号機の放水路上流で13日に採取した水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり7万3千ベクレル(法定基準30ベクレル)の高濃度で検出されたと発表した。

 港湾付近の海水の濃度には変動がなく、外部への影響はないとしている。

 東電によると、今回検出された放射性物質の濃度は、同地点で4月6日に検出された濃度(1リットルあたり1100ベクレル)の約70倍。現在、同じ地点で再び採取した水を調べるなどして原因の特定を急いでいる。

「ライフ」のランキング