産経ニュース

ロンドンから東京へのレガシー(上) 英国らしい文化五輪

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ロンドンから東京へのレガシー(上) 英国らしい文化五輪

英南東部の海岸で行われた「Peace Camp」という平和と愛の詩のアートプロジェクト (ベネディクト・ジョンソン氏提供)

 【市民参加】ダンスのプロジェクト「Big Dance 2012」には全国各地で200万人以上が参加。私のグループもロンドンのコミュニティーと盆踊りを創作した。

 【多様性】障害のあるアーティスト806人が参加した「Unlimited(アンリミテッド)」は象徴的なプログラム。車椅子で水中パフォーマンスを行うスー・オースティンの作品は誰の目にも衝撃的だった。

 このようにロンドン文化五輪は新規性を得意とする英国にとってもチャレンジにあふれる内容だった。6千人以上の若い才能の作品を発表したことも特筆に値する。この多層的なプログラムが実現した背景には、組織委員会と関連団体のチームワーク、そして柔軟な文化マネジメント力があった。

【プロフィル】柳沢晶子

 やなぎさわ・あきこ 芸術文化プロデューサー、アーツ・マネジャー。学習院大学文学部卒業。英国シティー大学で文化政策とアーツ・マネジメントの修士号を取得。2002年文化庁在外研修員として渡英。04年からロンドン在住。欧州を中心に世界25カ国におよぶ主要な音楽フェスティバルやアーツセンター、美術館で、日本の音楽と舞台芸術のプロモーションとプロデュースを展開。最近は、日本の伝統音楽と海外の音楽家とのコラボにも取り組む。

 www.muarts.org.uk

このニュースの写真

  • ロンドンから東京へのレガシー(上) 英国らしい文化五輪
  • ロンドンから東京へのレガシー(上) 英国らしい文化五輪

「ライフ」のランキング