産経ニュース

トクホで疑問成分、機能性食品では受理 「安全審査」を求める声も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


トクホで疑問成分、機能性食品では受理 「安全審査」を求める声も

機能性食品と健康食品の違い

 米国の制度を参考にしているが、海外の制度に詳しいコンサルティング会社「グローバルニュートリショングループ」の武田猛代表は「米国では安全性についてはFDA(食品医薬品局)がチェックしている。日本でも安全性については国の関与を検討したほうがいい」と指摘。消費者団体からも「公開された情報で消費者が安全性を検証するのは不可能」との声が上がっている。

 ◆大量摂取が問題

 一方、エノキタケの抽出物を配合したサプリメントなどはいわゆる「健康食品」として6~7年前から市販されている。エノキタケ抽出物を含んだ食品について厚生労働省は、「これまでに健康被害の報告はない」としている。

 いわゆる健康食品は安全性の審査は行われておらず、群馬大の高橋久仁子名誉教授(食物学)は「摂取量によっては有害となる健康食品はある」と指摘する。

 錠剤や粉末の健康食品は成分が凝縮されており、過剰摂取の危険性もあるという。過去には東南アジアで広く食用されている植物、アマメシバを粉末にした健康食品で、健康被害が報告されており、海外では死亡例もあった。

 高橋名誉教授は「体にいいからといって、特定の成分を大量に摂取するのはかえって危険」と呼び掛けている。

「ライフ」のランキング