産経ニュース

【ネパール大地震】10万余冊所蔵の国立図書館が半壊、散乱する書籍…旧王宮施設、200年以上前の古書も危機

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ネパール大地震】
10万余冊所蔵の国立図書館が半壊、散乱する書籍…旧王宮施設、200年以上前の古書も危機

3日、ネパール国立図書館の被害状況を説明するニラウラ氏(岩田智雄撮影)

 【カトマンズ=岩田智雄】ネパールを襲った大地震で、200年前以上に出版された貴重な古書を含む書籍10万余冊を所有する首都カトマンズの国立図書館も建物が半壊するなどの被害を受けた。近く訪れる雨期を前に、散乱した蔵書が雨漏りなどで失われる事態が懸念されている。

 図書館の建物は、100年以上前に建造された3階建ての旧王宮施設。今回の地震では床が陥没し、壁が崩落したり、ひび割れたりするなどした。

 ネパールで2番目の蔵書数を誇る同図書館は、古書室には200年以上前のサンスクリット語の書物や、国内には1冊しか残っていないとみられる書籍を含む約1万2千冊が収蔵されている。また、日本関連専用の書棚も含め、多くの書庫が転倒し、本が散乱したままになっている。

 職員のヤダブ・チャンドラ・ニラウラさんは「ここは気温が10~25度に保たれ、本の保存に適している。同様の保管場所を早く見つけて移さなければ、今月下旬にも始まる雨期で水浸しになってしまかもしれない」と困惑している。

このニュースの写真

  • 10万余冊所蔵の国立図書館が半壊、散乱する書籍…旧王宮施設、200年以上前の古書も危機
  • 10万余冊所蔵の国立図書館が半壊、散乱する書籍…旧王宮施設、200年以上前の古書も危機

「ライフ」のランキング