産経ニュース

赤ちゃんの夜泣き対策 早寝早起き「体内時計」整える

ライフ ライフ

記事詳細

更新


赤ちゃんの夜泣き対策 早寝早起き「体内時計」整える

 夜中に突然、響き渡る赤ちゃんの泣き声。何をしても泣きやまず、寝不足が続いているという子育て中の親は多いだろう。赤ちゃんの睡眠時間は親にとってもリラックスタイム。赤ちゃんにぐっすり眠ってもらうにはどうしたらいいのか、専門家に聞いた。(油原聡子)

朝の太陽光で

 「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」の著書がある、夜泣き専門保育士の清水悦子さん(35)によると、赤ちゃんが夜中に何度も起きて泣く「夜泣き」は、5、6カ月から始まることが多く、3歳くらいまで続く場合もある。

 清水さん自身、長女(7)の夜泣きで苦労した経験を持つ。長女は6カ月頃から夜中、1時間おきに泣くようになった。夜泣きをすると、授乳しては寝かしつけるの繰り返し。「寝不足が続き、8カ月頃から自分が鬱に近い状態になっていた」と振り返る。

 「何とか状況を改善したい」と子供の睡眠に関する論文を調べ上げ、たどり着いたのが「生活リズムと夜泣き」の関係だ。

このニュースの写真

  • 赤ちゃんの夜泣き対策 早寝早起き「体内時計」整える

「ライフ」のランキング