産経ニュース

選択肢広がる知育玩具 「立体的思考」育むブロック…オススメは「少し難しい」もの

ライフ ライフ

記事詳細

更新


選択肢広がる知育玩具 「立体的思考」育むブロック…オススメは「少し難しい」もの

バンダイの「おおきなパン工場とすてきなおうちブロックバケツ」ごっこ遊びもできる

 玩具業界向け専門誌「月刊トイジャーナル」の伊吹文昭編集長は「タブレット端末型玩具が登場するなどハイテク化する一方で、レゴブロックが世界的にも好調。磁石ブロックの人気も高い」と語る。ブロックの組み立てや完成時の達成感を通じ、創造性と想像力を育んだり、構造を立体的に考える力がついたりするという。

 ◆「思いやりの心」

 ブロック遊びと同時にごっこ遊びが楽しめるのは玩具メーカー「バンダイ」(台東区)が昨年9月に発売した、アンパンマンのキャラクター人形付きのブロック玩具「おおきなパン工場とすてきなおうちブロックバケツ」(3歳以上対象)。

 「人形を使ったパン屋さんごっこを通じ、相手の立場になって想像する力を育む」とプレイトイ事業部リーダーの松田稔さんは話す。同社は日立製作所(千代田区)などと共同で脳科学の知見から「ごっこ遊び」を検証し、「他人の気持ちが分かる心が向上する」との結果を得たという。

このニュースの写真

  • 選択肢広がる知育玩具 「立体的思考」育むブロック…オススメは「少し難しい」もの

「ライフ」のランキング