産経ニュース

【月刊正論】渋谷区同性パートナー条約 明治神宮が「同性婚の聖地」になる日

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【月刊正論】
渋谷区同性パートナー条約 明治神宮が「同性婚の聖地」になる日

 10年以上前、全国の自治体で「男女共同参画」という名のジェンダーフリーを実現するための条例が制定されていた頃、千葉市が男女共同参画の広報パンフレットを作成した。『ハーモニーちば』(2000年)と題されたこのパンフの裏表紙にはカタツムリがインク瓶をよじ登っているイラストが描かれ、「男女共同。」という字の下に次のような文句が書かれていた。

「カタツムリは雌雄同体。“結婚”すると、両方の個体が土の中に白くて小さな卵を産みます。同じ一匹で雄の気持ちも雌の気持ちも良くわかるなんて、ちょっぴりうらやましいような……」

 カタツムリは「ジェンダーフリー」のシンボルとされていた。ジェンダーフリーの主唱者たちは、《男女には社会的文化的役割に違いがないのみならず、生物学的にも違いがない》と主張していた。アメリカの性科学者、ジョン・マネーが『性の署名』(一九七五年)で展開した、今では完全に否定されているトンデモ学説に依拠したものだ。それによれば、「男らしさ」「女らしさ」という社会的文化的性差(ジェンダー)の意識が生物学的性差(セックス)を規定しているのだという。

「ライフ」のランキング