産経ニュース

【ワインのこころ】女性を輝かせるロゼ・シャンパーニュ 青木冨美子

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ワインのこころ】
女性を輝かせるロゼ・シャンパーニュ 青木冨美子

「デュヴァル=ルロワのファム・ド・シャンパーニュ_ロゼ・ド・セニエ・グラン・クリュ2007」=2015年2月25日(青木冨美子さん提供)

 仏シャンパーニュ委員会が発表した2014年のシャンパーニュの出荷数量総計は前年に対して1%増。輸出先は英国がトップで、米国、ドイツと続き、日本は第4位。日本はロゼ・シャンパーニュの人気も高いです。

 「デュヴァル=ルロワのファム・ド・シャンパーニュ ロゼ・ド・セニエ・グラン・クリュ2007」=写真=は昨年12月に日本上陸したばかりの新参ですが、オーナーのキャロル・デュヴァル=ルロワ女史は夫亡き後、女性経営者としてメゾンを切り盛りし、3人の息子(ジュリアン、シャルル、ルイ)を立派に育て上げた古参マダム。息子たちは母親に敬意を込め、ファム(女性の意味)のボトルに自分たちのイニシャル(J、C、L)を重ねたロゴを刻印しています。

 ファムは赤ワイン同様、容器に黒ぶどう(ピノ・ノワール100%)を漬け込み(果皮も種も)、果汁がロゼ色になった段階で、果汁だけを抜き取り発酵させて造ります。タンニンを感じるので、メーンの肉料理と合わせても十分太刀打ちできます。

「ライフ」のランキング