産経ニュース

【葬送】妻との思い出の味、後世に…「つけ麺」元祖・山岸一雄氏(8日、東京都文京区の護国寺) 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【葬送】
妻との思い出の味、後世に…「つけ麺」元祖・山岸一雄氏(8日、東京都文京区の護国寺) 

ラーメン店「東池袋大勝軒」創業者の山岸一雄氏の葬儀=8日、東京都文京区の護国寺

 季節外れの雪が降りしきる中、全国の著名ラーメン店の旗がずらりと並び、はためいていた。弟子ら数百人が「つけ麺の元祖」を乗せた車を見送った。

 昭和36年にラーメン店「東池袋大勝軒」を創業。ラーメンの麺をつけ汁につけて食べる「つけ麺」を考案した。のれん分けした店舗は100店超に上る。

 「あのひまわりのような笑顔にもう会えないと思うと悲しすぎる」。出前がなくなってからも自ら岡持ちを持って通い続けた競馬評論家の阿部幸太郎さん(65)が弔辞で惜しんだのは味以上に、その人柄。学生時代の常連、経団連名誉会長の御手洗冨士夫さん(79)も弔電を寄せた。

 29年前、店を一緒に作った最愛の妻を52歳で亡くした。自身は足の痛みを抱えながらも店を続け、引退後も店先に座って笑顔を見せ続けた。つけ麺日本一に2度輝いた孫弟子でラーメン店「とみ田」経営、富田治(おさむ)さん(37)は「その生き方を継ぎたい」と語る。

「ライフ」のランキング