産経ニュース

【知ってる?!】セラピードッグの活躍(1)名犬チロリの足跡

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
セラピードッグの活躍(1)名犬チロリの足跡

東京都中央区の築地川銀座公園には、セラピードッグとして活躍したチロリと子犬たちの銅像がある

 銀座の繁華街にほど近い東京都中央区の公園に、犬の親子の銅像がある。国内初の元捨て犬のセラピードッグ、チロリとその子犬たちの像だ。セラピードッグは医療や介護の現場などで患者や高齢者と触れ合い、心身ケアに貢献する犬たちだ。米国では60年以上の歴史を持つ。精神の安定や認知症の改善、脳梗塞の後遺症の回復を促すなど、数々の効果が報告されている。

 チロリは動物愛護センターで殺処分される直前に、一般財団法人、国際セラピードッグ協会の大木トオル会長に救い出された。“雑種”“捨て犬”“右足の障害”といったハンディをものともせず、亡くなるまでの12年間を患者や高齢者の心身のケアにささげた。

 愛くるしい瞳で相手をのぞきこむアイコンタクトで多くの傷ついた人たちの心を癒やした。チロリに触れたい一心で固まった関節が動くようになった人、会話ができるようになった人、歩けるようになった人…。エピソードは枚挙にいとまがない。

 何よりの貢献は、同じような境遇にある捨て犬たちに、セラピードッグとして生きる道を切り開いたことだ。チロリの生涯は5つの教科書で取り上げられており、読書感想文コンクールの課題図書にも選ばれている。また、国内外で書籍化されている。(取材協力 国際セラピードッグ協会)

「ライフ」のランキング