産経ニュース

【衝撃事件の核心】会社は120億円詐取、社員は1億円横領…悪用されたパチンコ業界の「慣習」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
会社は120億円詐取、社員は1億円横領…悪用されたパチンコ業界の「慣習」

 中古パチンコ台販売会社から約1200万円を着服したとして、元幹部の男が警視庁に逮捕された。男の着服額は計1億円に上るとみられる。だが、この元幹部が食い物にしたその会社自身が、社長の指示の下、120億円以上を他社からだまし取っていた。今や20兆円市場とも言われるパチンコ業界。しかし、「パチンコ台業者は銀行からの融資が得にくい」(捜査関係者)といい、業界内でパチンコ台の売買に見せかけた融資をするならわしがあるという。この会社はそうした“業界の慣習”を悪用した形だが、その手口は-。

1億円「公園で拾った」 借金返済せずにキャバクラで豪遊、FXも

 着服は、5年間にわたり続けられていた。業務上横領容疑で逮捕された東京都台東区の中古パチンコ台販売会社「オムコ」(破産)の社員、野口久夫(ひさお)容疑者(43)は同社の管理部長だった平成21年9月~26年2月、毎月のように、給料とは別に会社から100万円単位で現金を懐に入れていた。

 手口は単純だ。取引先に借入金を返済する際に、返済額を水増しして会社に請求。借入金はそのまま取引先に返済し、残った水増し分を関連会社の口座に入金し、自分用に出金する。

「ライフ」のランキング