産経ニュース

【比べる×調べる】(92)バスマットの白癬菌 毎日洗濯で除菌をしよう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【比べる×調べる】
(92)バスマットの白癬菌 毎日洗濯で除菌をしよう

 水虫はカビの一種である白癬(はくせん)菌が皮膚の角質層に寄生することで起こる皮膚の病気です。白癬菌は素足が触れる場所を介して人から人へ感染するため、家族で使う足ふき用のバスマットは感染源として特に注意が必要。そこで、洗濯で足ふきマットの白癬菌がどれだけ除菌できるのか調べてみました。

 市販のバスマットを10センチ四方にカットしたものを2枚用意し、白癬菌の胞子約1万cfu(cfu=菌量の単位)をそれぞれに付着させ、25度で3時間ほどおきます。その後、1枚は全自動洗濯機で約29リットルの水と弱アルカリ性の粉末洗剤とともに、洗い時間12分、すすぎ2回、脱水6分の設定で洗濯します。その後、2枚のマット片に残っている白癬菌胞子を回収、培養して菌数を測定しました。

 その結果、洗濯していないマット片の白癬菌数は9700cfu、洗濯したマット片は570cfuで、洗濯したマット片の白癬菌除去率は約94%でした。

 通常のバスマットに付着する白癬菌数は今回の実験ほど多くないので、洗濯でほぼ完全に除菌されると考えてよいでしょう。

 水虫の人が使用したバスマットには1枚当たり数百cfuの白癬菌が付着しているとされます。

このニュースの写真

  • (92)バスマットの白癬菌 毎日洗濯で除菌をしよう

「ライフ」のランキング