産経ニュース

加齢で起きる「変形性股関節症」 痛み感じたら早めの受診を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


加齢で起きる「変形性股関節症」 痛み感じたら早めの受診を

 年を取ると、腰や骨盤に痛みを感じて日常生活が困難になることがある。そうした場合は、加齢により関節の軟骨がすり減って起こる「変形性股関節症」になっている可能性がある。初期ならば、生活習慣の改善やストレッチなどで進行を遅らせたり、症状を改善したりすることができる。痛みを感じたら、できるだけ早く受診することが重要だ。(油原聡子)

                   

 ◆女性に多い

 股関節は体の中心で骨盤と下肢をつなぐ人体で最大の力がかかる関節だ。東京都済生会中央病院整形外科の柳本繁部長は「股関節はバランスよく歩くための要の関節」と、その重要性を説明する。

 股関節に痛みを生じる疾患はいろいろあるが、最も多いのが変形性股関節症だ。女性に多く、加齢とともに増加。患者数は100万人以上と推定される。

 柳本部長によると、関節のクッションとなる軟骨がすり減ると、骨と骨が直接ぶつかり、スムーズな動きが妨げられる。すり減る過程で出る軟骨のかけらが関節内に散り、滑膜が炎症を起こすことなどにより痛みが生じる。

 初期には、立ち上がるときや歩き始めのときに骨盤周辺に痛みが出る。「初期に痛みが出たときには、腰と股関節のどちらが痛みの原因なのか分からない患者さんも多い」と柳本部長。痛みが出たら早めに整形外科を受診し、原因をはっきりさせた上で、対策を考えた方がよい。

このニュースの写真

  • 加齢で起きる「変形性股関節症」 痛み感じたら早めの受診を

「ライフ」のランキング