産経ニュース

【話の肖像画】仁藤夢乃 女子高校生サポートセンターColabo代表(1)「難民高校生」救いたい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
仁藤夢乃 女子高校生サポートセンターColabo代表(1)「難民高校生」救いたい

(宮崎裕士撮影)

 〈家庭にも学校にも居場所がなく、東京・渋谷などの繁華街をさまよう「難民高校生」の自立支援活動を行っている。夜の街を巡回したり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で声をかけたりして、社会とつながるきっかけをつくる。これまでに千人以上の少年少女と会話し、1年間に3千件を超える相談を受け付けている〉

 親からの虐待やネグレクト(育児放棄)、家庭崩壊、いじめなどがきっかけとなり、困窮状態にある「難民化」した中高生がたくさんいます。特に女子高生(JK)は性的搾取の対象になりやすい。彼女たちのために「衣食住」と「関係性」を用意することが大事だと考え、東京都内の事務所で一緒にご飯を食べるだけでなく、その子にあったロールモデル(手本)となる大人と食卓を囲む機会を設けるようにしています。人気のある食事は、鍋料理やたこ焼き、お好み焼き…。みんなで作りながら食べられるものがいいようです。「鍋って家でできるんだ」「誕生日もクリスマス会も一度もやったことがなかった」と喜ぶ子もいます。

 〈自身が代表を務める女子高校生サポートセンター「Colabo(コラボ)」は、東京・秋葉原で女子高生たちが路上に立って客引きをする「JKリフレ(個室マッサージ)」や「JKお散歩(デート)」の現状を視察する「夜の街歩きスタディーツアー」を開催している〉

「ライフ」のランキング