産経ニュース

【広角レンズ】大学生に今再びの短歌ブーム 歌合バトルを「ニコニコ動画」で生中継

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
大学生に今再びの短歌ブーム 歌合バトルを「ニコニコ動画」で生中継

 大学生の短歌がブームだという。昨年秋には大学短歌連盟が結成され、今月には連盟主催で第1回の大学短歌バトルも開催。インターネットの動画サービスで生中継される中、歌合(うたあわせ)による激しい短歌の応酬に大いに盛り上がった。短歌というと高齢者のみやびな趣味というイメージが強いが、若者にも定着するのだろうか。(藤井克郎)

 「悔しい! 絶対に優勝してください」「そのつもりで来ていますから」

 まるでスポーツの試合後のような敗者と勝者の情景が、対戦ごとに繰り広げられた。今月1日、東京・飯田橋で行われた初の「大学短歌バトル2015」。1チーム3人が対面で座り、各チームの方人(かたうど)(歌を提出する者)がお題に沿って1首ずつ詠んだ後、念人(おもいびと)(議論を有利に導く者)が自陣の歌を褒め、敵の歌を批判する。それを判者(はんじゃ)が判定し、先に2勝したチームが勝ち上がるというルールだ。

 予選を通過した8大学が出場したが、試合の模様はインターネットの「ニコニコ動画」で生中継され、その映像が試合場の壁に映し出される。「○○くん、かっこいい」「この歌すげー」といった視聴者からの書き込みも流れ、会場は笑いと歓声に包まれていた。

「ライフ」のランキング