産経ニュース

【書評】『寂しさの力』中森明夫著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
『寂しさの力』中森明夫著

 アイドル評論家で、近年もドラマ「あまちゃん」や映画「桐島、部活やめるってよ」などをめぐってトンガッた評論活動をしている著者が、いきなりこう書き出す。

 〈人間のもっとも強い力は何だろう? さみしさの力だ〉

 ひねりを利かせたいつもの“中森節”は全開だが、同時に、故郷で1人暮らしの母に「さみしい」と訴えられ、その母との死別を経験した50歳代半ばの都会暮らしの“やもめ男”が心情をあらわにもする。山口百恵や中島みゆき、酒井法子らの固有名詞で彩りつつ、真正面からあくまでポジティブに「さみしさ」をとらえている。(新潮新書・700円+税)

「ライフ」のランキング