産経ニュース

【解答乱麻】「愛国心」はけしからん? 道徳の教科化めぐり…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
「愛国心」はけしからん? 道徳の教科化めぐり…

貝塚茂樹武蔵野大教授

 戦後日本では、国家と個人との関係を社会契約的に捉え、国家が尊重するに値しなければ否定するという風潮があった。これに対して、坂本や高坂のいうのは、国家が外在的なものでなく、個人の内的な精神と繋(つな)がる運命共同体的な存在であり、これを内在化することの必要性である。これは、日本の歴史と文化への「共感」であると同時に、「日本を愛するに値する国にする」という覚悟でもある。

 日本の歴史と文化への「共感」を前提に、自分が国家や社会と繋がっているという意識と実感がなければ、「規範意識」や「生命への畏敬」は育たない。国家と「愛国心」への感情的な否定と忌避は「国家及び社会の形成者」(教育基本法)を育成するという公教育の使命と責任の放棄である。

                   

【プロフィル】武蔵野大教授・貝塚茂樹 かいづか・しげき 国立教育政策研究所主任研究官などを経て現職。専門は日本教育史、道徳教育論など。

「ライフ」のランキング