産経ニュース

【美の扉】「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力

「水郷」明治44年 東京国立近代美術館

 放菴は「水郷」を発表した2年後の大正2年、本場の洋画を見るためにヨーロッパに遊学。1年間にも満たなかったが、ピカソやマチスらの流行の絵画に触れた。が、それ以上に収穫だったのが、パリで江戸時代の文人画家、池大雅の画帖「十便帖」の複製を見たことだった。後に「大雅堂の絵は、さながらの音楽…」とエッセーで書いたように、緩やかで自在な線に魅了された。池大雅から日本美術の魅力を発見し、帰国後は雅号を放庵(のちに放菴)に変え、日本画にも手を染めることとなった。

 墨の濃淡やにじみで牛を力強く表現した「田父酔帰」、日本画の力作や大雅を連想させる軽妙な筆遣いの「山水八種」などを次々に発表した。

 一方、金太郎をモチーフにした「金時遊行」のように明るく大胆な油彩も制作した。元気で愛らしい笑顔。素朴で屈託がなく、昔話の中の人物というよりも生身の人間のようだ。それもそのはずで、この絵は孫をモデルにしたという。

 人物画の大作では油彩を使うなど日本画一辺倒ではなかった。本展を担当した笠嶋忠幸学芸員は「放菴は洋画、日本画という枠にはまることなく、自分の内面を自由に表現していた」と指摘する。描きたいモチーフをそれに合った素材で創作した。洋画や日本画を超えた絵画という意味でとらえていたのかもしれない。

このニュースの写真

  • 「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力
  • 「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力
  • 「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力
  • 「没後50年小杉放菴-〈東洋〉への愛-」展 洋画と日本画 共鳴する魅力

「ライフ」のランキング